よもやま話β版

よもやま話を書きます

観葉植物への水のあげ方

オフィス移転にともなって観葉植物をたくさんいただいた。 やはり植物なので水をあげないとと考えて、毎日コップ1~2杯の水を土にかけていた。 が、次第に植物たちは、しおしおしてきて元気が無くなっていった。 これはやばい。初心に返って原因をGoogleさんにお尋ねしたところあっさり理由がわかった。

www.apego.jp

そもそも水やりをする理由は次の2点。

  1. 土全体に行き渡らせるため。

  2. 土中にたまったガスを押し出すため。

自分は人間の水分補給くらいの気持ちでコップでえいえいと水をあげていたが、それだとまず土の中の空気の入れ替えがまったく完了できていない。植物たちがしおしおするのも当然といえた。 それが分かってから、水やり道具は紙コップから2Lペットボトルに切り替え、各鉢にたっぷり水をあげて様子をみることにした。

教訓として自分のよく知らないことについては、とりあえず最初にググったほうがいいなと思った。

ところで、ちなみに自分の預かっている鉢は、1回目の水やり以降1週間ほど経ったのだが土がカラカラに乾いたという感じがなくて最近やや不安である。 日当たりがよくないのはあるかもしれない......。 植物は難しいなぁ。